将棋よろず屋の徒然日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS ドロップボックス

<<   作成日時 : 2016/11/24 13:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 よもやま話集の第3弾。こういう箇条書きは楽なのだ。

 ・ドロップボックス
 15日(火)、サロンのパソコンがおかしくなる。北浦和ジャーナルを入力している際にいきなりフリーズしてしまった。その後、画面は真っ暗だが、電源は入ったままという状況に。強制終了もきかなくなった。

 とりあえず困るのはサロンのレーティング表となる。最近はほぼ毎日更新して出力している。ずっとUSBメモリーにレーティングデータのバックアップを取っていたのだが、大丈夫かなと思って最近はさぼっていた。家に帰って、1週間前ぐらいのデータから前日の印刷物を見て修正したのだが、ほぼ打ち直しになってしまった。

 翌日の水曜日は休業日で、朝にパソコンの様子を見に行ったが同じ状態である。業者と連絡したところ、パソコンを送って修理ということになった。
 木曜日に秩父から帰ってきた後、サロンへ寄る。あらためてパソコンをチェックすると大丈夫になっていた。どういうことかな。

 いつまた落ちるか心配である。ということで、先日からのんびりと進めていたドロップボックスの活用を急いで使用可能にした。これで家とサロンのパソコンで共通して作業できるようになる。今のところ、使用頻度の高いファイルを入れている。
 このブログの原稿も今までは基本的に家で打っていたが、暇を見つけてサロンでも更新することが可能になった。実際、いまも打っているのだ。

 ・はしご酒
 14日(月)はオフ。午後5時すぎからX五段、Y四段と飲みにいく。Y四段が昔よく行った「丸新」はお休み。そこで同じ北浦和駅東口のモツ焼き店にした。「丸新」ほどの有名店ではないが、モツ鍋をはじめとしてなかなかおいしい。
 3人でホッピーを飲んだが、X五段はどうやら初めて飲んだようだ。お代わりをしたが、ホッピーをあまり入れずにほとんどナカ(焼酎)だけで飲んでいる。どうもホッピーの方にアルコールが入っていると思ったようだ。ビールのような色をしていますからね。本人はアルコールを薄めにしたかったようだが、これでは濃いままである。

 2人と別れて西口に出たら雨が降ってきた。仕方ないので傘を買いにコンビニへ。ここでばったりKさんと会う。関東アマ名人戦県代表2回の実力者である。酔った勢いで飲みに誘う。今度は西口のおでん屋だ。最近では珍しいはしご酒である。昔は2軒が当たり前だったものである。

 このはしご酒からどうも風邪気味となってしまった。昔はアルコール消毒と勝手に称して飲みに行き、冬の季節でもあまり風邪をひかなかったのだが…。
 
 ・ポスター
 最近、将棋連盟から各種のポスターが送られてくる。現在はサロン内に竜王戦7番勝負、小学生名人戦、王将戦挑欠リーグ最終日、U−18将棋スタジアムなどの大きなポスターを貼っている。
 ベタベタ貼ることに賛否両論あると思うが、将棋道場の雰囲気は出てくると思う。ただし、宣伝効果は微妙なところだ。
画像

 ・訃報
 喪中のお知らせはがきがよく来る季節である。秦正彦さん(草加)が3月に亡くなられていたことを知る。享年88の秦さんは昭和29年度の埼玉県名人。おそらく県名人の中で最年長者だったと思う。秦さんが県名人になったのは26歳の時である。20代の選手が優勝するのは当時珍しかった。

 秦さんは数年前から南草加支部を立ち上げて、普及に努められていた。80歳を超えての支部活動開始に敬意を表したい。ご冥福をお祈りいたします。


 ・コンビニ店員
 20日朝、コンビニへ。初級者教室の宿題のコピーである。小銭入れを見ると、1円もない状態。そういえばクリーニング店できれいに小銭を使い切ったことを思い出す。千円札が入れられたので問題はなかった。
 その日の夜、同じコンビニに行く。再び小銭入れを見ると中身が全くない。ここでおかしいことに気付いた。朝のコピー代は170円で830円は残っているはず。もちろんその後、使っていない。お釣りボタンをどうも押し忘れたようだ。
 妻が「確認した方がいいよ」というので、店員さん(もちろん交代している)にお釣りの忘れ物がないか聞いてみた。店員さんは「あっ、少々お待ちください」と言って事務室へ。心当たりありそうで、ちょっと期待が出てくる。戻ってきて、こう言った。
 店員「申し訳ございません。届け出はありませんでした。どうもお客さんが取っていかれたようです」。
 応対の言葉がすごく丁寧なだけに、ちょっと笑える。最後の言葉は明らかに不要だろう。

・NHKテキスト
 先日、久しぶりにNHK将棋テキスト(12月号)を買った。前オーナーの田川さん時代から初級者教室の参加者に同テキストをつけていたのだが、昨年4月にやめている。みんなあまり読んでいない様子もあるし、持っていかない子、園児で読むのが難しい子もいたので中止した。もちろん会費は500円値下げしている。それ以降、なかなか買う機会もなく、現在に至っていた。

 今回は書店で立ち読みしたら、面白そうなので買うことにした。NHK杯も教室の最中なので、いつもぼんやりとしか見ていない。落ち着いて観戦記を読みたくなった。
 付録は畠山鎮七段の極上手筋・終盤編Aである。頁数が少ないのは残念だが、充実した内容と思った。しかし、NHKテキストの付録としては難し過ぎないかな。編集方針が変わったのかもしれない。
トーナメントも上位陣が出てくるはずだし、畠山先生の付録も楽しみ。1月号も買ってみよう。

 ・おまけ
 写真が少ないので、先日食べたうな重をアップ。ウナギが高くなっている昨今、この量と質で2000円台は破格と思う。前にも書いたかも…。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
ドロップボックス 将棋よろず屋の徒然日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる