低ドラA・B級を開催

 第10回低学年ドラ王座戦(さいたまドラの穴支部主催)のA・B級を19日、さいたま市浦和区のカルタスホールで行った。6都県からA級は15人(前年17人)、B級は17人(同12人)の計32人が参加した。
 A・B級合計では前年と比べて3人増。コロナ禍の中でよく集まったといえる。大会が少ないので燃えていた選手も多かったかと思う。

 A級は1年生の頃から評価の高かった菅谷君が初優勝を飾っている。2回戦で必敗だったり苦しい将棋が多かったが見事に6連勝した。5勝者はおらず、結果的にはぶっちぎっている。
 4勝2敗で4人が並び、加藤君が2位となった。最終局で菅谷君に勝ったら結果的に逆転優勝だったが敗れている。それでも昨年に比べてかなり腕を上げた。偉大な父上に近づき始めたか。
 ドラのカルテットは藤森君の3位が最高成績だった。2回戦で菅谷君に勝勢だったが、信じられないミスをやって大逆転負けしている。終盤に鋭さを見せていたのだが…。私がこの敗戦を喫したらカルタスホール3階から身投げしてしまいそう(落ちるような所はないが)。このミスに全くめげることなく、その後3勝1敗というのは立派というべきか。

 入賞者は次の通り。写真左が菅谷君、右が加藤君(撮影の瞬間だけマスクは外してもらった)。
 ①菅谷武琉(神奈川・横浜山王台3年)②加藤駿(千葉・印西いには野3年)③藤森舜太(さいたま仲町3年)④尾崎篤泰(千葉・市川菅野3年)⑤斉藤翔真(千葉・白井大山口2年)
A級.JPG
 B級は1回戦で大熱戦の末に敗れた岡野君がその後、5連勝して逆転優勝している。よく頑張ったと思う。
 5勝1敗の石川君は岡野君にポイントの差で敗れて2位だった。まだ2年なので、これからが楽しみな存在だ。

 入賞者は次の通り。写真左が岡野君、右が石川君。
 ①岡野朋輝(さいたま仲町3年)②石川和佐(茨城・守谷郷州2年)③和田耕真(東京・品川京陽2年)④堂跡佑介(千葉・流山小山3年)⑤橘田瞭士(さいたま三室3年)
B級.JPG
 表彰式の後は抽選会を行った。木村王位の色紙、扇子、実戦集など5点。埼玉県勢ではサロン教室の高森君が扇子をゲットしている。最後の色紙の際、多くの子に拝まれた。名前を発表するとき、ちょっとつらく感じている。
 
 参加賞はドラ厳選詰将棋集(3、5、7手詰24問ずつ、解答付き)とお菓子セット。前者はドラと初級者教室で出した問題の中から良問と思われるものを選んだつもり。ほかに入賞できず、抽選で当たらなかった子に残り物(詰パラ、少し前の将棋世界など)の中から一つ渡した。というわけで参加者全員が3つの品を持って帰ってもらえるようにしている。

 低ドラ2日目(C1級とC2級)は23日(祝)に同会場で行われる。

 【前回の解答】
 ▲3五馬△5二玉▲4二香成まで3手詰

 この問題は代表歴のある強豪Yさんが悩んだ。作意はなんでもない手順だが、初手▲3四馬の紛れが強烈。△4三歩の中合は▲4二桂成から詰みだが、△4三金で詰まない。この問題は初級者教室ではかなりの悪問、完全な選題ミスだった。
 初級者教室用ではなく、ドラの宿題(BC級用)もしくはドラの早解き競争で使えば良かった。なお、今回の参加賞の3手詰の最終問題にもなっている。C級の子には悪問で申し訳ない。
悪問.JPG
 【追加】
 この日は小学生名人戦東日本大会も行われた。結果を書いてはいけないと思うので、感想を記す。
 「ほっとしました。来週も頑張れ!」
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス