花とはな

 4日(火)はオフ。本当に久しぶりにカラオケボックスへ。2人なので密ではない。店も空いていたし、消毒もしっかり行われていた。
 2時間ほど歌って帰る。「ドルチェ・アンド・ガッバーナ♪」のメロディーが耳にこびりつく。ちなみに私はバーバリー(頂き物)とブルガリ(バリ島で買った)のコロンを持っているが、年に1度ぐらいしか使わないので、死ぬまでに買い替える必要はないと思われる。明日(9日)、久しぶりに使ってみるかな。
 先日から杜仲茶を飲んでいる。健康を気にして(テレビの受け売り)買ったのだが、これが結構苦い。この日は冷たくして飲んだら、余計に苦みが増す感じだ。今後は熱いまま飲むかな。

 5日(水)は休業日。午前中は教室の詰将棋の宿題を作成するなど、順調に仕事を進めたが、午後からは大いに怠けてしまう。暑さのせいもあるが、それは言い訳だ。
 王位戦第3局は残念な結果になる。難敵であることは間違いない。それにしてもうどんを食べようが、そばを食べようがどうでもいい。これに関する解説が手短なのはいいが、長くなるとチャンネルを回してしまう。もっとも将棋めしを楽しみにしている人も多いのだろうが…。
 
 6日(木)は通し番。ドラの子どもが5人来た。B・C級はいいがA級選手はいかがなものか。平日では全く相手がいない。トーナメント優勝の後、子ども3人とレーティング戦を指して、3勝で5点アップ。指導してもらい感謝する。しかし、自分の勉強にはならないよ。
 F君はきょうが9回目の誕生日。実はうちの母の誕生日でもある。9歳と90歳。母には卒寿のお祝いを先日送っておいた。

 清麗戦5番勝負第4局が行われ、挑戦者の上田初美女流四段が里見香奈清麗に勝って、対戦成績を2勝2敗のタイとした。やりますね。上田女流四段の9歳の写真をアップするのはやめておく。
 
 7日(金)は通し番+金曜教室。金曜教室は3回連続で8人が参加。7人が固定で微妙に1人ずつ異なる。
 佐藤信太郎君を偲ぶ花が教室生徒の保護者有志から贈られた。子ども、保護者から絶大な人気があったことの証しである。
花.JPG
 名人戦7番勝負第5局の初日。序盤早々から派手な展開に。▲9七桂△5一玉の2手には特に驚かされた。子どもたちが同じ局面で指したら、文句を言ってしまいそうな手である。
 7月26日の研修会でB2級に昇級を決めた和田はなさん(和光)の女流棋士入りが発表された。小中学生時の活躍からすれば、やや回り道をした感がないわけではないが嬉しいことだ。今後の活躍に期待したい。野原未蘭さん(父が早大将棋部員)に続いて、早大将棋部が華やかになってきた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス