テーマ:芸能

ドラへの道㉘大学2年生編・その1

 昭和53年4月4日の夜、私は後楽園球場(現東京ドーム)の外野席にいた。巨人戦ではなく、ファンだったキャンディーズのファイナルコンサートに出掛けている。「普通の女の子に戻りたい」という迷セリフを残して引退した彼女らの最後のイベントにぜひ行きたかった。私としては珍しく面倒な作業(大したことはないけど)を踏んでチケットを入手している。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラへの道㉒大学1年生編・その3

 寮の左右隣の部屋にはそれぞれ早大1年の同期が入っていた。Kさんは政経学部、Mさんは商学部で私より1歳上である。Kさんの部屋に3人で集まり、だらだらとテレビを見たりしていた。  当時印象に残っているテレビ番組は「岸辺のアルバム」(山田太一脚本)、3人で夢中になって見ていたものだ。ジャニス・イアンの主題歌「ウィル・ユー・ダンス」は今でも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちっとんべー

 今回もよもやま話となる。低ドラの準備が忙しく、更新が面倒になってきた。  ☆棋聖戦  第91期棋聖戦5番勝負第3局が9日に東京都千代田区で行われ、渡辺明棋聖が挑戦者の藤井聡太七段を下して、対戦成績を1勝2敗とした。第4局は16日に関西将棋会館で行われる。  藤井七段の最年少タイトル獲得記録はならなかった。今回も熱戦。渡辺棋聖…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

翔んで埼玉

 今回もよもやま話となる。最近は「ドラへの道」と1回交代になっている。  ☆竜王ドリーム  6日、第33期竜王戦の決勝トーナメントが開幕。初戦は高野智史五段(6組優勝)-梶浦宏孝六段(5組優勝)で梶浦六段が快勝している。 高野五段の竜王ドリームは泡となって消えた。あと11勝してくれれば良かったのに。過去の対戦成績では3勝1敗と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラへの道⑯高校2年生・前編

 昭和50年になった。4月、S塾(学習塾)へ行ったところ、高槻高のK君がノートを見ていた。横から覗き込むと詩が書かれている。  「あなたにさよならって言えるのは今日だけ―」  気障なこと書いてるなと思ったが、これは私が流行曲を知らなかっただけ。「風」(男性フォークデュオ)の「22才の別れ」である。元かぐや姫の伊勢正三の作品でイルカ(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラへの道⑮高校1年生・後編

 高校1年の途中から四条大宮にあるS塾という学習塾に通うようになった。全体で60人ぐらいだったか。高槻高校の京都在住者が10人近く在籍していた。Sさんという塾長にカリスマ性があり、私は学校より塾に行くのが楽しみになっている。  秋ごろ、塾で小学校から高校まで同じI君から「小島知ってる? 池上がテレビに出てんの」と声を掛けられた。話を聞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラへの道⑭高校1年生・中編

 アマ名人戦府予選で奇跡の4強に入った1週間後、第10回高校選手権京都府予選に出場する。自他ともに認める大本命と思っていた。 依然としてお粗末な序中盤だったが、前ほどひどくはなくなっている。相手も序盤巧者は少なく、順当に勝ち進んでいく。  準決勝で同じ1年のM君(桂高)と対戦。全然知らない相手だったが結構力強い。準々決勝までははっき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラへの道⑤小学生・スピンオフ編

 私の小学校は左京区にあるノートルダム学院小学校(以下ND)。名前から想像できるようにカトリック系の私立小学校である。今は分からないが、当時は日本最大規模(1学年160人)の私立小学校だった。京都の私立小はND以外に聖母学院小だけ、「北のND、南の聖母」と呼ばれていた。現在は同志社小、立命館小など結構増えている。  小学校へは今なら地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高校将棋の名局

 映画監督の若松孝二さんが17日に76歳で亡くなられた。同監督の作品は見たことがないが、私が大学時代にアルバイトしていた四谷3丁目の雀荘でよくお見かけした。雀荘の大ママ(スナックも経営していた)に「あれが、若松監督よ」と教わったことを思い出す。マージャンがお好きなようで、私が入ったときはかなりの確率で打たれていた。  映画「エマニエル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8日からアマ名人戦

 昨日は新聞社出社の日。午前中は「楽しもう」の原稿を作成する。本文のテーマに悩んだが、「アマ名人戦全国大会の展望」とする。新聞に載る日が全国大会2日目なので、ちょっとどうかなと思ったがネタ不足でやむを得なかった。  アマ名人戦全国大会は8-10日に東京・五反田の「ゆうぽうと」などで行われる。埼玉県代表は清水上徹さん(和光)と遠藤正樹さ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ラジオ収録雑感

 ・前日にセンターに電話がかかってきた。   小島「はい、大宮将棋センターです」。   中年の女性「あーん」。   小島「大宮将棋センターですが」。   女性「あした、毒蝮来んの?」。   小島「はい」。   女性「何時?」。   こんな調子でいくつか質問される。文章では表現できない品のなさがあった。しかし、電話してきて「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

30人が集まる

 朝7時40分に自宅をスタート。センターに着くと、まず1列目の椅子をずらせてスペースづくり。用意しているうちに人数が集まるか心配になってきた。多くの人に声を掛けたり、ネットやメールで宣伝していたが、10人ぐらいだと寂しいなと不安が募る。  9時前に準備スタッフが到着。機械、マイクなどがセットされる。用意が進むにつれ、「あー、もっと積極…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

滑った

 きょう午前10時半頃からTBSラジオ「大沢悠里のゆうゆうワイド」の「毒蝮三太夫のミュージックプレゼント」の収録を大宮将棋センターで行った。主役・毒蝮三太夫、準主役・森谷尚広、脇役・小島一宏らの約20分。詳細はまた後で。  今から読売新聞さいたま支局、県教育局、盾・カップ屋、さいたま市市民サポートセンターをはしごする。行ってきます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芸能ネタ

 ・ビデオにとった「相棒」最終回を妻が見ていたところ、ロケで使われていた病院が通っている埼玉協同病院(川口)ということに気付いた。「よく気付いたよね」と自画自賛していた。  ・ファンキー・モンキー・ベイビーズで後ろで踊っている人がいる。ダンサーというわけでもなく、存在価値が分からなかった。調べてみると、録音やコンサートでは大いに意味が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラジオ出演

 TBSラジオ「大沢悠里のゆうゆうワイド」の中に「毒蝮三太夫のミュージックプレゼント」というコーナーがある。4月6日(金)のこのコーナーに大宮将棋センターが登場することになった。  毒蝮三太夫さんが各地各所を訪れ、会話する生番組。40年以上続く長寿番組でもある。毎週金曜日は「元気な中高年の方々に会いに行く」 という趣旨で、サークルや教…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チッチョ

 どうでもいいことシリーズ。  ・彩の国名人戦で3回戦に進出したシニアのTさんがきょうセンターに来てくれた。ベスト8を懸けての一戦は清水上朝日アマ名人。対局に向かうTさんに、友人のOさん曰く「屠殺場に向かう牛のようだな」。良き友人をお持ちだ。将棋の内容を聞いたところ、やはり惨敗だったらしい。  ・火曜夜にセンター遅番の後、大和田の「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芸能ネタいろいろ

 ・きょう「きゃりーぱみゅぱみゅ」の存在を初めて知った。いきなり深夜番組で彼女が歌っているのを見る。この曲は昼に聞いており、誰が歌っているのかなと思っていた。ぱっと見た感じは理解不能というところだが、歌は結構印象が良い。でも歌詞は…。  ・AKB48の高橋みなみが成人式というのには驚いた。  ・最近まで叶姉妹は本当の姉妹と思っていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

KARA

 先日、夜中にNHKでKARAの特集番組をやっていたので見た。妻はどういうわけか、KARAとAKB48が好きである。シダックスでも、歌えないくせに「ミスター」や「ポニーテールでシュシュ」(ともに本人映像)を入れてしまう。前者で私がヒップダンスを踊ろうとするが、全然できず妻に爆笑されてしまう。  KARAはテンポの良い曲が多く、華やかで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AKB

 昨日、妻がAKBのDVDを見ていたので話を聞いてみた。  ・このDVDはXさん(40代男性)からもらったという。Xさんはファンのようで、秋葉原の劇場に行きたいと思っているそうだ。やりますな。  ・センターに来る高校生のY君は大ファン。同じCD5枚買ったとか、じゃんけん大会の切符を持っていたが、当日遅刻して入れなかったとか。まあ、楽…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more