テーマ:研究会

ドラへの道⑫中学3年生・後編

 中学3年の秋、加納信義さんがまとめ役になって若手の研究会が発足した。加納さんは私が初めて大会参加した時に惨敗を喫した人である。同じ南口教室の一員(加納さんはたまにしか参加していない)で、教室で会った際に話がまとまった。  南口教室が日曜開催だったので土曜日、冬休み、春休みに集まった。メンバーは支部対抗戦で優勝した際のメンバーであるS…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日暮里研究会

 将棋世界9月号の204頁、「名局セレクション」の文中に私の名前が出てきた。日暮里研究会についてで、小池重明さん(故人)の次に名が書かれている。取り上げられている将棋が藤森哲也四段のもので、両親の藤森保さんと奈津子女流四段はともに同研究会に入っていたことによる。    今でこそアマ強豪の研究会はいっぱいあるが、当時はそれほど多くなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川合研集会

 アマ竜王戦と同じ浦和コミセンで当日、川合研集会が行われていた。主宰者の川合仁さんはアマ竜王戦で16強に残っており、敗戦後に集会に戻っていった。  ドラから嶋村寧人君、安井俊勝君、吉田桂悟君の3人が参加させてもらった。普段の川合研は大学将棋関係者という縛りがあるが、集会は自由な集まりとなっており、今回が第1回となる。小中学生の3人以外…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more