テーマ:道場

ど下手!

 18日(金)夕方は金曜教室。今回は9人参加と平均的な数字だった。土日の教室と異なり、平日なので特別なイベントなどが入る確率が少ない分、安定した数字になっている。  19日(土)はドラの穴教室。前々回は少なく、前回はまずまずだったが、今回はまた減ってしまった。月の奇数土曜日に学校があるところが多いのかもしれない。あと4連休でGOT…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

理想形のひとつ

 13日(日)午前は初級者教室で、前回より1人増の24人が参加している。前回体験した子(小2)が正式に入会した。大人っぽい顔立ちで将棋もしっかりしており楽しみだ。小学2年の層が厚くなってきた。  4歳で幼稚園年少の子が体験入会してくれた。「私がこの教室をやり始めて、年少の子は初めてです」と父上に言ったが厳密には間違い。いま在籍している…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

珍局

 7日(月)は通し番。午前中は二日酔いでずっと寝ていたが、開店前にはどうにか通常の状態に近くなる。  午後2時ごろ、昨夜に行った居酒屋に電話、スマホはやはりここに忘れていた。確認できたことでひと安心する。  昨夜のメンバーにメールで宴は楽しかったこと、スマホを忘れたこと、乗り過ごしの連発などを知らせた。すると、A君「私もスマホを忘れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地獄の2時間

 4日夕方は金曜教室。再開後、最多となる11人が集まった。先週に続いてAさん(小2女子)が参加してくれた。筋の良い将棋を指すのだが詰みが課題。詰将棋をやりましょう。H君の母上(以下H母)が2回目の参加、初級者教室に参加のF君の母上といい勝負だろうか。  AさんとH母の将棋を観戦。ずっとAさんが押していたが、最後の最後でH母にチャンスが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

それ、失礼じゃない

 今回はショートショート集。一つだけちょっと長い。  8月31日に更新した分の屋敷-山本戦の即詰みを指摘してくれたのは美馬和夫さんだった。簡単な詰みだが盲点になっていた。山本四段はツイッターでぼやいていたそうだが納得できる。次は会心のつぶやきに期待したい。  美馬さんから連絡をもらったので、ついでに8月4日に更新した四大学対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8人増の初級者教室

 27日(木)の夜、録画しておいたNHK杯2回戦の屋敷伸之九段-山本博志四段戦(23日放映分)を観戦する。普段から初級者教室にNHK杯戦は流しているのだが、ほとんど見ることはない。  当日、早めに来たお客さんから「簡単な詰みを逃しちゃったよ」と声が聞こえてきたので、見にいく。敗着の△7五馬が指された直後の局面で山本四段が頭を抱えていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無念の中止

 24日(月)は通し番。開店前に来年1月11日の倉敷市で予定されていた小学生倉敷王将戦の中止の連絡が入った。そうなるのではと心配していたが…。残念というしかない。  10月4日にカルタスホールで県予選をやる予定だったが、これを中止ではなく県大会に切り替える。全国大会の代表権を争う予選ではなくなったが、大会としては実施したい。この大会を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千日手2題

 20日(木)は通し番。王位戦第4局が終了、木村先生は残念ながら失冠である。やはり第2局が痛かった。次の機会に期待しています。  21日(金)は金曜教室を行った。今回も8人。再開後、7~10人で安定している。レギュラーが7人いて、あと何人かが交代で来る感じだ。  A君とB君が同じ形で千日手4回。「違う手を指すと負けてしまう」と分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手合割の変更

 14日(金)の朝、前日夜に入っていたラインを見て、母の弟が昼に亡くなっていたことを知る。母の誕生日(6日)に電話した際、叔父さんのことを話していたばかりなので驚いた。  享年89。体が丈夫ではなかったので、天寿を全うされたかと思う。夜に叔父の長男と話をしたが、急に体の不調が発覚して、家族からしても突然の出来事だったそうだ。心からご冥…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2時間半で19局

 8日(土)のドラ与野研は11人参加。寂しい数字で与野研の在り方を再考するべきときかもしれない。菅原兄弟がともに4勝1敗で1位を分け合っている。  名人戦第5局は渡辺二冠が勝って、名人奪取に王手をかけた。豊島名人、疲労があるのではないだろうか。対局数の多い渡辺二冠、永瀬二冠、藤井棋聖と比べると体力がなさそうにみえるのが心配だ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花とはな

 4日(火)はオフ。本当に久しぶりにカラオケボックスへ。2人なので密ではない。店も空いていたし、消毒もしっかり行われていた。  2時間ほど歌って帰る。「ドルチェ・アンド・ガッバーナ♪」のメロディーが耳にこびりつく。ちなみに私はバーバリー(頂き物)とブルガリ(バリ島で買った)のコロンを持っているが、年に1度ぐらいしか使わないので、死ぬま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大内君が来席

 7月31日(金)夕方から金曜教室を行った。今回は通常の時間通りだったが、8月7日と14日は午後3時開始とするので、ご注意を。参加数は前回と同じで8人。夏休みから新人の参加を願っています。早めに来ても教室の会費(1000円)で普通の対局(トーナメント含む)も指せます。  途中で佐藤信太郎君の件を話す。知らなかったS君はちょっと悲しそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

理想の教え子

 29日(水)午後7時頃、サロンにいた。「8月2日の支部例会は中止」「同日のドラ日曜会開催」の件をHPに載せる作業をしていると、テーブルでスマホをいじっていた妻が突然、悲痛の声を上げる。妻はFCバルセロナがリーガで負けても悲鳴を上げるのだが、この時の叫びは尋常ではなかった。すぐに妻の方を見ると頭を抱えている。  近寄ってスマホを覗き込…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

低ドラ2日目+撮影

 第10回低学年ドラ王座戦(さいたまドラの穴支部主催)の2日目(C1・C2級)を23日、さいたま市浦和区のカルタスホールで行った。参加数はC1級が16人(前年から6人減)、C2級が24人(同8人減)で全クラス合計は72人(同11人減)となる。ここ3年は80人台をキープしていた。しかし、この環境の中を考慮すると、たくさん集まっていただいた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

107点アップ

 今回はよもやま話の番。6月23日以降の更新からはずっと「ドラへの道」と1回交代になっている。  ☆金曜教室  6月19日に再開後、7、8、8人参加と推移して今回は9人となった。笹川健太郎は新潟市に引っ越しのため、今回が最後である。六枚落で対戦、最後に決め手の好手を指されて見事に負かされた。最後に帰るときに「ありがとうございまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

翔んで埼玉

 今回もよもやま話となる。最近は「ドラへの道」と1回交代になっている。  ☆竜王ドリーム  6日、第33期竜王戦の決勝トーナメントが開幕。初戦は高野智史五段(6組優勝)-梶浦宏孝六段(5組優勝)で梶浦六段が快勝している。 高野五段の竜王ドリームは泡となって消えた。あと11勝してくれれば良かったのに。過去の対戦成績では3勝1敗と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

表紙の棋士

 今回もよもやま話となる。それにしても雨が多いな。「雨は深夜に」といってあるのに守ってくれない。  ☆アマ王将戦中止  草津旅行中に将棋連盟から連絡が入り、第37期アマチュア王将位大会は正式に中止となった。これで2020年に行われるアマの大きな大会はほぼ全面的に中止および延期、開催されるのは小学生名人戦(7月19日に東日本大会、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南浦和将棋クラブが閉店

 今回もよもやま話となる。  ☆王位戦  7番勝負第1局が1、2日に愛知県豊橋市で行われた。しのぐか、攻め切るか、ぎりぎりの戦いだったが、藤井七段の終盤は正確だったようだ。第2局は先手番になるので木村先生の巻き返しに期待したい。第2局は7月13、14日に札幌市で行われる。  ☆南浦和将棋クラブが閉店  浦和将棋クラブは数…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネガティブ発言

今回もよもやま話。  ・金曜教室  26日の金曜教室は前回と同じく8人が参加。久しぶりにT君とS君が来てくれた。S君は7月に新潟市に引っ越すとのこと。残念。新潟でも将棋を続けてくれれば嬉しい。  ・ドラの穴  今回は与野研を抜いたB・C級の集まり。参加はB級8人、C級10人の計18人だった。密にはならないのでそういう意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シフト変更

 梅雨時だから雨は仕方ないが、今年はちょっと多い気がする。錯覚かな。今回もよもやま集である。  ☆忙しい4棋士  25日は好カードが多かった。名人戦第3局初日の豊島将之名人-渡辺明三冠戦、竜王戦本戦入りを懸けての永瀬拓矢二冠―佐藤康光九段戦、B級2組順位戦の佐々木勇気七段―藤井聡太七段戦。豊島、渡辺、永瀬、藤井の4棋士は本当に忙…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラ日曜会など

 ようやく普通の生活が戻ってきた。大して忙しいわけではないのだが、日ごろの怠慢体質が出てきて自転車操業になっている。今回はよもやま話。  ☆王位戦  昨日、挑戦者決定戦が行われ、藤井聡太七段が永瀬拓矢二冠を破って、木村一基王位(昨日47歳になられた)への挑戦権を獲得した。7番勝負第1局は7月1、2日に愛知県豊橋市で行われる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道場いろいろ

 雨が多くて面倒である。暑い日もあれば、結構涼しい日もある。こういう揺さぶりに弱いのだ。ともかく早く梅雨が明けてほしい。それはそれで真夏の登場になるのだが…。今回はいろいろ。  ☆タイトル戦  名人戦(豊島-渡辺)は1勝1敗となっている。第2局は豊島名人があっさり押し切るかと思わせたが、逆転、再逆転していたようだ。将棋はやっぱり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道場再開

 13日(土)は教室再開から2回目のドラの穴で、今回は与野研単独での開催である。今回は奨励会上級者が軒並み欠席、5、6級が3人と寂しかった。20日の与野研は来てくれる子が多そうだ。  全体で18人。密を考えてのベストは22~24人だから、もう少し来てほしいところである。  全勝者、全敗者がいない混戦だった。1位は4勝1敗で埼大4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラ日曜会

 今回は「ドラへの道」シリーズはお休みさせていただく。小学生編・後編はほぼ書き終えているので、明日には間違いなく更新できる。それ以降はちょっと自信ないが…。  ☆ドラ日曜会  ドラの穴教室であるが、7月は土曜に授業がある子が多いようだ。そこで教室ではないが、「ドラ日曜会」をつくることにした。宿題、早解き競争、指導はないが、集まっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再開予定

 コロナウイルスの緊急事態宣言解除により北浦和将棋サロン、さいたまドラの穴教室、初級者教室を再開する運びとなりました。再開予定は次の通りです。まず先にコロナウイルス対策(道場・教室ともに対応)を記します。  ただし、今後もコロナウイルスの状況によって変更されることがあります。 【コロナウイルス対策】(完全に終息すれば解除します)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

将棋道場遍歴⑫番外編

 今回は番外編。いろいろ書いてきたが、多くの道場に顔を出していることに自分でも驚いている。ほかにもいくつかあるのだが、省かせていただく。  昔の将棋世界などを見ていると、道場が多かったなとあらためて思う。昭和53年(1975)4月号と令和2年(2020年)5月号の将棋世界を比べてみた。まずは1975年の東京の道場で載っているのをチェッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

将棋道場遍歴⑫その他編(埼玉②)

 今回は埼玉県の道場の後編。自分の記憶力の悪さにあきれた。  「埼浴将棋センター」  平成8年の7月、第8回埼玉県名人(昭和29年だから私が生まれる前の話)の秦正彦さんから相談に乗ってほしいという連絡が県連にあった。秦さんは草加で銭湯を経営されており、埼玉県公衆浴場業生活衛生同業組合の役員だった。同組合の事務所が入っている埼浴会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

将棋道場遍歴⑪その他編(埼玉①)

 道場のことだけでこんなにいろいろ書けるものかと自分でも驚いている。今回は埼玉県の道場。思ったより多くなったので2回に分けた。  「大宮将棋センター」  もちろん田川信之さんから経営を引き継ぐ前の話である。同センターで実は指したことがなかった。平成6年に支部連合会の役員になるということで、大宮支部を選択した。というわけで更新の支…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

将棋道場遍歴⑩その他編(池袋・高柳)

 「池袋道場」  同道場には都名人戦(3位が2回)で約10回とアマプロ戦1局で行っている。カードでの対局はない。 アマプロ戦は昭和61年の年末で石川陽生四段(当時)と対局した。あとで見返してみて、かなりあり得ない手を指している。弱いというしか言葉がない。  私が行っていた途中で池袋道場は引っ越している。同じ池袋駅西口だが、駅か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

将棋道場遍歴⑨その他編(渋谷・八王子)

 道場遍歴第9弾はその他編。たくさん行ったところではないが、印象に残ったものを取り上げる。  観戦記の仕事があるにもかかわらず、こちらの方を先に書いてしまった。試験の前になると、つい本を読んでしまうことがあったが、現実逃避の悪癖は今も変わらない。観戦記の仕事に専念したいので、前日書いた分をきょうとあすに分けて更新したい。  「渋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more