低ドラ

 昨日の棋聖戦挑戦者決定戦は熱戦の末に藤井聡太七段が永瀬拓矢二冠を下して挑戦権を獲得している。無事に第1局が行われたら最年少挑戦棋士(17歳10カ月20日)となる。
 渡辺明棋聖との第1局は8日に東京・将棋会館で行われる。2日に準決勝、4日に挑決だから、かなりの過密日程になっている。仕方ないのだろう。この5番勝負は今後の棋界を大きく左右するシリーズで、今から楽しみだ。
 過密日程といえば女流タイトル戦も同じ。3日にマイナビ女子オープン第5局(西山女王の防衛)があったと思ったら、きょうは女流王位戦第1局である。加藤桃子女流三段も忙しくなっている。

 第10回低学年ドラ王座戦であるが、先月の時点では中止かなと思っていたが、開催できる可能性が出てきた。もっとも前年までのやり方では密になってしまう。会場のカルタスホールからの要望で入場数の制限がかかっているので昨年までの賑わいは無理である。
 今のところ、会場を2日押さえている。1日は低ドラ(第1~4会議室)、もう1日はアマ名人戦南部予選(中止・第1、2会議室)で取った分である。
 今年に限り、クラスを分割しての2日間の開催を考えている。まだ、期日は振り替えできる可能性があるのでお待ちください。
 こういう状況なので付き添いはなるべく選手1人つき1人にしていただこうかと思っている。定員も今年はしっかりとつくりたい(昨年までもあったが、厳しいものではなかった)。
 正式に決まり次第、当ブログ、県連HPで発表したい。

 写真は今年1月に前橋で。妻が大学時代から好きだったジェラート屋である。イタリアンレストランから転身したそうだ。
アイス.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)